日月潭の宿泊ホテル【日月潭編①】

ラルーホテルのインフィニティプール

台北・台中・日月潭へ12泊13日の旅行記です。

期間:2018年9月20日(木)〜2018年10月2日(火)

台中から日月潭へ

台中の干城站の外観

台鐵台中駅から徒歩約6分程のバス停「干城站」から日月潭行きのバスへ乗車します。

日月潭の観光チケット

カウンターで周遊パスを購入。現地での遊覧船・ロープウェイ・バスチケット等がセットになった観光パス(400元)です。日月潭までのバス代は別途ICカードで乗車時に支払いました。

チケットはいくつか種類があるので公式HPから事前にチェックした方が良さそうです。尚、日月潭現地での購入も可能です。
https://www.sunmoonlake.gov.tw/activities/TaiwanTrip-jp/fare02.asp

干城站から日月潭行きのバス

定刻に出発。干城站からの乗車客はそれほど多くなかったですが、次の高鐵台中駅で満席になりました。

台中から日月潭へ向かうバスの車内

山間を抜けて約1時間40分で日月潭のビジターセンター晶喜城・水社遊客中心へ到着。

ザ・ラルーホテル 涵碧楼

ザ・ラルーホテルの外観

今日の宿はザ・ラルーホテル(涵碧楼)。日月潭のナンバーワンホテルです。ビジターセンターからは歩いても行ける距離のようですが、電話をして迎えに来ていただけました。電話口の方は日本語対応OK。ホテルまでは結構な坂道だったため歩かなくて良かったです。

ラルーホテルのエントランス

シーサー(?)と、

ラルーホテルのエントランス

ラルーホテルのエントランス

黄色い小鳥さんがお出迎え。

ラルーホテルのロビー

ラルーホテルのロビー

館内入ってすぐのフロントとロビーは最上階に位置しており、日月潭の美しい湖が目に飛び込んで来ます。

ザ・ラルーホテルから見た日月潭

紺色とエメラルドグリーンのグラデーションが綺麗!

ザ・ラルーホテルのウェルカムドリンク

美味しい日月潭紅茶のウェルカムドリンクとナッツをいただきながらひと休憩。

ラルーホテルのエントランス

まだチェックイン時間前だったため、部屋の準備ができるまで館内を散策することにしました。

ラルーホテルのヴィラの外観

ザ・ラルーホテルのヴィラの入り口

こちらはホテル棟の隣にあるヴィラタイプの棟。丸い扉が印象です。

ザ・ラルーホテルのライブラリー

ザ・ラルーホテルのライブラリー

こちらはライブラリー。自由に本やCDを借りることができるそうです。

ラルーホテルのインフィニティプール

1階に降りるとインフィニティープールが!鏡張りが美しい〜。湖と繋がっているように見えます。

ラルーホテルの水深

プールは水深がかなりあります。

ラルーホテルのプール

泳いでいる方もいらっしゃいましたが、9月半ばともなると少し寒いかな?

ラルーホテルのプール

今回は利用しませんでしたが、プールでのんびりするのも良いですね。

ザ・ラルーホテルのティーサロン

インフィニティープールのお隣、デッキで繋がっているティーサロンでアフタヌーンティーを頂くことにしました。こちらはホテル宿泊者とラルー会員のみ利用できるようです。

ザ・ラルーホテルのティーサロン

池には綺麗な鯉が泳いでおり、その上にティーサロンが浮かぶように建っています。

ザ・ラルーホテルのティーサロンの店内

店内はオープンエアーで半個室になっており、とても落ち着く空間です。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティのメニュー

アフタヌーンティーのメニュー(※クリックで拡大します)

ザ・ラルーのアフタヌーンティーをお願いしました。いわゆるケーキなどのアフタヌーンティーではなく、台湾らしいディムサム(点心)のアフタヌーンティーなのがポイント。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

お茶はせっかくなので日月潭アッサムティーにしてみました。あっさりとした飲み心地で、紅茶ですが食事との相性も良かったです。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

日月潭名物のアッサム茶葉で煮た煮卵。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

殻を剥くと恐竜のような姿ですが、意外にも食べやすかったです。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

点心はカラフルで可愛らしい感じ。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

黄色は椎茸入り餃子。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

紫色は紫芋のお饅頭。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

こちらはチャーシューまん。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

鶏肉のちまき。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

蓮の葉の良い香りがします。

ザ・ラルーホテルのアフタヌーンティー

デザートの梅入りアッサムティーゼリー。結構甘めでした。

以上6品、量もちょうど良く、見た目も味も満足できる内容でした。

ザ・ラルーホテルのティーサロンの店内

何よりこの眺望と空間がとても居心地よく、非常にリラックスできました。ティーサロンのアフタヌーンティー、オススメです。

ザ・ラルーホテルのティーサロンの店内

食べ終える頃にはお部屋の準備もできており、早速向かいました。

ザ・ラルーホテルの部屋

部屋に入ると日月潭の湖が!

ザ・ラルーホテルの部屋

ラルー島も見えます。素晴らしい眺望です。

ザ・ラルーホテルの部屋

お部屋は83平米と十分な広さ。

ザ・ラルーホテルの部屋

ザ・ラルーホテルの部屋

ベッドはクイーンサイズです。

ザ・ラルーホテルの部屋

洗面も2台。

ザ・ラルーホテルの部屋

ベッドの隣にはすぐにバスタブが。リゾートホテルっぽいですね。

ザ・ラルーホテルの部屋

シャワー室はやや古さを感じる印象。水回りはどうしてもそうなりますね。

ザ・ラルーホテルの部屋

トイレはウォシュレット完備です。

ザ・ラルーホテルの部屋

ザ・ラルーホテルの部屋

ザ・ラルーホテルの部屋

ザ・ラルーホテルの部屋

バルコニーもソファーベッドがあってくつろげます。

ザ・ラルーホテルの部屋

最初は気づかなかったのですが、対岸の山の上をふと見上げるとさらに高い位置に山が!

ザ・ラルーホテルの部屋

まるで桃源郷?のような、なんとも不思議な光景でした。

日月潭のラルーホテルから見える山の地図

あとでスタッフの方にうかがうと、手書きの山のマップを頂けました。あの山は標高2909mの治茆大山です。3,000m級の山々も部屋から眺められて贅沢ですね。

ザ・ラルーホテルの部屋

ザ・ラルーホテルの部屋

お部屋で流れていたBGMもリラクゼーションミュージックで良い感じです。

ザ・ラルーホテルの部屋

ハスの花も本物ですよ〜。

ザ・ラルーホテルの部屋

そしてこちらは文旦。台湾では中秋節に文旦を食べる習慣があるそうです。今日は中秋の名月の日なので、夜に見えると良いなぁ。

ザ・ラルーホテルの部屋

なんとも絶妙なシルエット。美味しく頂きました。

ラルーホテルの館内

ラルーホテルの館内

館内には滝があったり池があったりと、水をうまく取り入れて日月潭と寄り添う造りになっているようでした。

ラルーホテルの最上階のテラス

ラルーホテルの最上階のテラス

最上階のロビー奥にはテラスもあり、こちらからの眺めも良かったです。

ラルーの遊歩道

ラルーホテルの外は遊歩道になっており、夕方に散策に出かけました。

ラルーの遊歩道

蒋介石専用の船着場?でしょうか。

日月潭の夕焼け

夕焼けに染まり出す日月潭。

日月潭の夕焼け

空を見ていると、あれっ?

日月潭の夕焼け

雲の中に虹が!

日月潭の夕日

端を追って反対側を見てみるとこちらにもくっきり虹が出ています。

日月潭の虹

夕日の光が強くなるにつれて、虹も濃くなっていきました。特に雨も降っていなかったのですが、こんな現象もあるんですね。びっくりしました。

ノスタルジックな夕焼けも堪能し、夜はホテルの台湾料理レストランへ。

ラルーホテルのレストラン

高級感がある店内ですが、来ているお客さんはラフな服装の台湾の方ばかり。ドレスコードはそこまで気を使わなくても大丈夫そうでした。とはいえ少しおしゃれした方が気分は上がります。

ラルーのレストランのトンポーロー

まず注文したのはトンポーロー。ぷるんぷるんです。八角の香りもせず、味付けは日本でもおなじみの豚の角煮にそっくり。

ザ・ラルーホテルのレストランの食事

2口サイズの小さなパンに挟んで頂きます。美味しい〜!

ラルーのレストランのアワビの酒蒸し

こちらはアワビの酒蒸し。日月潭と関係ないのですがついつい頼んでしまいました。歯ごたえが最高です。

ザ・ラルーホテルのレストランの食事

ヤングコーンは地元で採れた食材。シャキシャキです。

ザ・ラルーホテルのレストランの食事

こちらも日月潭がある南投県産の山菜の炒め物。クセもなく食べやすかったです。

ラルーのスパの受付

ラルーのスパ施設

ちなみにレストランがある棟にはスパやジサウナ施設もありました。

ラルーホテルのプール

さて、今日は台湾では中秋節。日本では中秋の名月です。果たして日月潭でお月見はできるでしょうか。

日月潭のラルーホテルから見える中秋の名月

辺りも暗くなり、ちらっと外を見ると月が出ていました!

日月潭の中秋の名月

雲が多めで出たり隠れたりしていますが、まん丸の月が見えます。(実際には翌日が満月でしたが。)

日月潭の中秋の名月

湖面に月の道ができています。日月潭で見る中秋の名月、美しいです。普段ここまで月を見ることもないなぁというぐらい、たっぷりと鑑賞しました。

ザ・ラルーホテルの朝食

翌日。朝食はイタリアンレストランのビュッフェ。

ザ・ラルーホテルの朝食

ザ・ラルーホテルの朝食

ザ・ラルーホテルの朝食

ザ・ラルーホテルの朝食

ザ・ラルーホテルの朝食

種類も多く充実しています。

ラルー遊歩道

食後は昨日少しだけ散策したラルー遊歩道をまた歩いてみました。

ラルーの遊歩道

木陰が涼しく気持ちいい!とっても癒されます。

ラルー遊歩道

東に進むと日月潭の街の方に出ます。

ラルー遊歩道

ラルー遊歩道

こちらは梅荷園という公園。

ラルー遊歩道

ここまで来るとフェリー乗り場はすぐ目の前です。

ラルー遊歩道

ラルーホテルの方に戻り、さらに西側へ。

ラルー歩道

昨日夕焼けと虹を見た場所。

ラルー歩道

ラルー遊歩道

ずっと日月潭を見ながらウッドデッキの道を進みます。

ラルー遊歩道

ススキなんて久しぶりに見ました。まさに秋ですね〜!ふわっふわ。

1周するには時間がかかるので、途中の杏壇で戻りました。朝の散歩は非常に気持ちよかったです。

ラルーの外観

名残惜しいですがラルーをチェックアウト。帰りもビジターセンターまで送迎して頂きました。
アマン系のホテルなだけあり、上質なリゾートホテルといった感じで非常にレベルが高く素敵でした。スタッフの方の接客も申し分ありません。日月潭に行かれる方はぜひ泊まって頂きたいホテルです!

サンムーンレイク ブルースカイベイ Blue Sky Bay B&B

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの外観

水社ビジターセンターからは徒歩2分。2017年オープンのサンムーンレイクブルースカイベイに宿泊。
オーナーさんの住居も併設している、いわゆるB&Bというスタイルの宿です。

1階の共用スペースはとてもおしゃれ。オーナーさんは明るくとても親切でフレンドリーです。チェックイン時間より前でしたが、部屋に入ることができました。

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの部屋

ダブルベッドが2台。これは嬉しい。

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの室内

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの部屋

お風呂も十分な大きさです。

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの部屋

トイレも清潔。ウォシュレットも付いています。

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの部屋

洗面も可愛らしい感じ。

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの部屋

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの部屋

アメニティーも揃っています。良い香りでした。

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの室内

タオル、スリッパももちろんあります。

小さめながらバルコニーも付いています。

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの室内

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの部屋

コーヒーとお水もしっかり置かれていました。

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの室内

広々として使い勝手が良く、とにかく新しくて綺麗なので気持ちよく過ごせます。

日月潭のサンムーンレイクブルースカイベイの朝食

朝食はB&Bなのでシンプルな内容ですが、十分美味しかったです。

朝食付きで1室1泊1万円前後だったので、なかなかお手頃かと思います。日月潭の街中にあるので、ビジターセンターやレンタルサイクル店も近く、便利な立地でオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA