高雄・台南 13泊14日 旅行記【台南編①】

台南の莉莉水果店のマンゴーかき氷

高雄と台南は2回目の訪問。今回は現地で食べた美味しいグルメが中心の個人旅行記です。

期間:2018年7月18日(水)〜7月31日(水)

台南

台湾の自強号の車内

高雄での滞在を終え台南に向かいます。自強号で所要時間約40分。あっという間に到着です。

草祭二手書店の内観

ひとまず本日のお宿にチェックイン。草祭二手書店はもともと書店だった建物をリノベーションしたホステルで、建物内のいたるところに本が置かれています。

草祭二手書店の部屋

部屋の中にも本棚が!

草祭二手書店の共有スペース

4階は共有スペースで、朝食もこちらで頂きます。日中はほとんど人がいないのでパソコン作業をするのに快適でした。唯一エレベーターがないのが難点です。

草祭二手書店の共有スペース

オシャレな空間。

草祭二手書店のテラス

テラスもあり、外の空気が気持ちいいです。

草祭二手書店のテラス

ちなみに夕方にはテラスから夕陽も見ることができました。

草祭二手書店の部屋

部屋は女性専用のルームのシングル。窓側の端っこのベッドだったので、プライベート感があり快適でした。ベッドのふかふか具合も良し。

草祭二手書店のシャワールーム

シャワールームやトイレも非常に綺麗でした。メイク落としや洗顔、化粧水と乳液まで置いてあって至れり尽くせり。

荷物を置いて、早速美味しいものを食べに出かけます。

阿美飯店の外観

やって来たのは阿美飯店。台南では有名な台湾料理の高級店です。最初は同じく有名店の阿霞飯店に立ち寄ったのですが行列で諦めました。どちらのお店も予約する方がスマートですね。

阿美飯店の蟹おこわ

注文したのは蟹おこわ。モチモチのおこわと甘い蟹の味が広がり幸せ。

阿美飯店のカラスミ

蟹おこわは量が結構多いので、そのほかはカラスミだけ注文しました。外側を炙っているので香ばしくて濃厚。ビールとの相性は最高です。こちらも量が多かったので残りはテイクアウトしました。

二人だとあまり量が食べられないのが残念です。複数人で来て色々なメニューを食べるのが一番良いですね。

草祭二手書店の朝食

翌日。草祭二手書店の朝食です。フルーツとパンが数種類。野菜はありません。豆乳やコーヒー、ココアなどの飲み物が終日飲み放題なのは嬉しいポイント。ほんのり甘い豆乳が美味しかったです。

午前中は仕事。お腹が減って来たのでお昼を食べに出かけます。

檨仔林阿全碗粿のライスプディング

フォークがブスりっ。台南のライスプディングのお店、檨仔林阿全碗粿。お米のとぎ汁で作ったプリンのような食感の食べ物で、お肉や卵のなどの具が中に入っています。モチモチで美味しい〜。
一緒に頼んだ魚のスープがこれまた美味!酸味の効いた味でつみれの食感も良かったです。

莉莉水果実店の外観

次に訪れたのは莉莉水果店。フルーツの人気店です。日曜日ということもあり激混みでしたが、なんとか席を確保しマンゴーかき氷を注文しました。

台南の莉莉水果店のマンゴーかき氷

巨大なかき氷!シェアするのを前提でこのサイズにしているんでしょうか。3人で1つでも十分な大きさです。価格は150元。
マンゴーは柔らかくて濃厚。かき氷自体はジャリジャリの氷なので、正直マンゴーだけ食べたいと思ってしまいました。

莉莉水果店のフルーツ

ついでにフルーツ盛り合わせも注文。価格は50元。10種類以上のフルーツを食べられるのと、量も程よいので良かったです。やっぱりマンゴーが一番美味しいかな。

台南の府中街

食べ終わった後は、府中街をブラブラしてホステルに戻りました。

台南の度小月の外観

さて夕食は度小月へ。台南グルメで最も有名なお店と言っても過言ではありません。通算3回目の訪問。

台南の度小月の担仔麺

そうコレコレ!ニンニクとパクチーが効いた海老出汁の担仔麺がたまりません。好き過ぎる。左が大で、右が小サイズ。そこまで量が変わらない気もします。

度小月の桜えびの炒め物

今回は桜えびの青菜炒めも注文してみました。これもナイスチョイス!おすすめできる美味しさです。
やはり度小月はハズしませんね。次回もきっと再訪することでしょう。

孔子廟

翌日は孔子廟を散策。日差しがきつくとても暑いのでカフェへ移動。

台南の窄門の外観

草祭二手書店のお隣、「窄門」という二度見してしまうほど激細の入り口。この先に窄門珈琲(ナロードアカフェ)があります。

台南のナロードアカフェの入り口

細い通路を進むとお店の看板が。

窄門珈琲の店内

階段を上がるとレトロなお店へと繋がります。

ナロードアカフェの店内

窓からは孔子廟もチラッと見えます。ゆっくりと落ち着いた店内で、冷たいドリンクを。暑さも和らぎます。

一点、レトロさゆえに机によってはガタついているものもあるので、ドリンクを倒さないように注意しましょう!

再發號肉粽のちまき

お昼はちまきの有名店、再發號肉粽へ。お目当ての八宝ちまきを注文。なかなかの大きさです。
豚肉、しいたけ、栗、卵など具沢山。タレも漢方の風味もしますがクセもなく醤油ベースで美味しかったです。満足!

ホステルへ戻ります。

台南の阿龍意麺の店内

本日の夕食はこちら。阿龍意麺。野菜を練り込んだ麺というのが気になり訪れました。お客さんは地元民だけでしたが、お店のおばちゃんは日本語が得意なようで色々お世話してくれました。

阿龍意麺の意麺

意麺はインスタント麺のルーツとも言われる揚げ麺のことです。味は3種類だったので、小さいサイズで食べ比べてみました。麺自体はカップヌードルそのものなので、ちょっとチープな感じはします。

ノーマル・人参・ごぼうフレーバー。ナンバーワンは…ゴボウ麺!しっかりゴボウの味がして美味しかったです。日本にもあれば良いのになぁ。

uijホテルの外観

この日は別のホステルへ移動。U・I・Jホテル&ホステルです。新しくできたばかりとあってどこもピカピカ。

uijホテルの内観

そして何よりおしゃれ!

uijホテルのテラス

共用スペースに隣接したテラスは広々として植栽もキレイに保たれています。

uijホテルの内観

uijホテルの内観

エレベーターホールまで…

uijホテルのチェックイン

チェックインの際は素敵なケース付きのルームカードに、日本語の台湾の本までついて来ました。

uijホテルのシャワー

シャワー室ももちろん綺麗です。

uijホテルのシャワー室

ドライヤーを入れているケースもかわいい!

uijホテルのホステル

お部屋はこんな感じ。ホステルにありがちな狭い感じは一切なし。広々しています。ベット周りも棚があったりと使いやすかったです。

uijホテルのフロアマップ

3階が共有スペース。3〜4階がホステル。5〜9階がホテルになっています。

uijホテルの共用スペース

このお洒落さを超えるホステルが現れる気がしませんね。デメリットとしては人気のホテル&ホステルがゆえ、3階の共有スペースは夜などに人がいっぱいで座るスペースもなく、結構うるさいことでしょうか…

uijホテルのフロント

そんな時は1階にも読書スペースがあるので、そちらに避難するのもオススメです。

uijホテルの内観

日中は共有スペースも空いているので作業するのに重宝しました。
お昼ご飯へレッツゴー。

台湾編②に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA